レンタカーを使って都内で引っ越しをするときに格安にした方法

引っ越しをしようということになったときに自前で引っ越しができそうな距離と荷物の量だったので格安レンタカー会社を探すことにしました。東京都内での大した距離ではない引っ越しだったので業者に依頼する方がかえって手間がかかると考えて自前で行うことにしたのです。

レンタカー会社を比較して選んだ格安で利用できる引っ越し用のレンタカー

手間を掛けずにできるだけ簡単に引っ越しをしたいと考えていましたが、無駄に費用もかけたくなかったのでレンタカー探しにはこだわりを持ちました。引っ越しをするには最低でもワゴン車が必要で、できれば軽トラックを借りたいというのが希望でした。

その条件で利用できる格安レンタカー会社を探すことにしたのです。東京に住み始めて初めてレンタカー探しをしたのでレンタカー会社の多さには驚きましたが、引っ越しをするという目的で考えると候補は必然的に絞り込まれました。格安レンタカー会社だからといって不便では意味がないので、利用しやすさとのバランスを考えて合理的なレンタカー会社の中から選ぶことにしたことで候補は一つに決まったのです。

重視したのはレンタカーの車種だけではなくワンウェイシステム

引っ越しの目的で格安レンタカー会社を探すときに重視したのは適切な車種を取り扱っていて安いだけでなく、ワンウェイシステムを採用していることでした。東京なので引っ越しだけしてレンタカーを返却し、その後で電車で移動するのも可能でしたが、それも大きな手間になるという印象がありました。

そのため、ワンウェイシステムがあって引っ越し先で返却できることを優先したのです。引っ越す前のエリアにも引っ越し先のエリアにも営業所があってワンウェイシステムを利用できる候補はほとんどありませんでした。その中で価格比較をしてみると明らかな優劣があったので最も安いレンタカー会社を選んで手配するという形で簡単に決定できました。

荷物の積み下ろしと移動にかかる時間の計算も重要だった引っ越し

レンタカーを予約するときに問題になったのは時間でした。選んだ東京の格安レンタカー会社では6時間か12時間、24時間という選択肢がありましたが、引っ越しにかかる時間を想像して決めるのにはかなりの時間がかかりました。荷物の積み下ろしと移動にかかる時間を計算しないと適切なレンタル時間がわからなかったからです。

その場で大家さんに来てもらって賃貸していた部屋の引き渡しも済ませるつもりだったので、念のため12時間のレンタルにしました。実際に行ってみると積み下ろしにそれぞれ1時間程度かかり、移動にも2時間かかってしまい、大家さんとのやり取りにも結局は2時間近くかかってしまったので6時間をオーバーしてしまったのです。結果として12時間を選んで安上がりになりました。

1か月前