車の写真

東京に多数ある格安レンタカー会社を利用するときの心得

最近、12時間2500~3000円ほどで車が借りられる格安レンタカー会社が全国的に増えています。なかでも東京には多数の格安レンタカー会社が集中しており、ちょっとしたお出かけには便利になりました。大手のレンタカー会社と比べると、半額程度の値段で車が借りられるのはたいへん魅力です。

地方によっては近隣に格安レンタカー会社が見つからないこともありますが、東京都内ならどこにお住まいでも利用しやすいです。ただし、格安レンタカー会社が格安なのにはそれなりの理由があります。大手レンタカー会社しか利用したことがない方は、大手とは車両の質やサービスの範囲が違うということをあらかじめ知っておきましょう。

格安レンタカー会社が格安な理由

格安レンタカー会社の営業所は、多くがガソリンスタンドや整備工場に併設されています。これは、フランチャイズ展開によりガソリンスタンドや整備工場の経営者が、副業としてレンタカー会社を営業していることを意味します。

ですから、洗車などの整備にかかるコストが抑えられ、給油を自社で行うことでその分の利益が見込めます。そのためレンタル料金を大手より大幅に抑えることが可能なのです。

一方、大手のように新車同様の美麗車ばかりがそろっているところはほとんどありません。整備は行き届いていますが、走行距離が10万kmを超えるような年季の入った車も多いということは知っておきましょう。乗りたい車が決まっていて車を運転することそのものを楽しみたいという方にはそれほどおすすめしませんが、特にこだわりがないならば、破格の安さは大きな魅力でしょう。

ただし、初めて利用する時にはいくつか注意するポイントがあるので、以下のことを気に留めておいてください。

近距離の利用がおすすめ

前述のとおり、格安レンタカー会社の車は年季の入った車が多いです。年式が古かったり、走行距離がかなりあったりということは覚悟しておきましょう。また、最新の車に比べると燃費性能が劣るものも多いので、あまりの長距離の移動にはガソリン代がかえって高くつくこともあり得ます。古い車だからといってトラブルはめったに起きないとは思いますが、出費を抑えることが目的なら、格安レンタカーは日帰りか1泊2日程度の利用にとどめておいた方がよさそうです。

オプションは割高になることも

格安レンタカー会社の車には、カーナビなどのオプション品が標準装備されていないことが多いです。カーナビを付ける場合、オプション料金として1日1000円程度のレンタル料金が加算されることが多いようで、車のレンタル料金に比べると割高感は否めません。それに、貸し出されるカーナビは小型のものが多いですから、それならスマホのカーナビアプリでも間に合うと思います。節約目的で格安レンタカーを借りるなら、オプション品は付けないことが基本です。

店舗によって質に差がある

格安レンタカーは、先にも述べたようにフランチャイズ制を採っているので、店舗ごとにサービスや対応の質に差があることが予想されます。ギリギリの人数で営業しているところでは、送迎をお願いしても時間通りにいかないことも考えられます。大手レンタカー会社と同じ質を求めるとがっかりすることもあるので、格安レンタカーとはこういうものだと心得て、送迎を利用するときは時間に余裕を持って利用しましょう。

3か月前