東京に多数ある格安レンタカー会社を利用するときの心得

最近、12時間2500~3000円ほどで車が借りられる格安レンタカー会社が全国的に増えています。なかでも東京には多数の格安レンタカー会社が集中しており、ちょっとしたお出かけには便利になりました。大手のレンタカー会社と比べると、半額程度の値段で車が借りられるのはたいへん魅力です。地方によっては近隣に格安レンタカー会社が見つからないこともありますが、東京都内ならどこにお住まいでも利用しやすいです。ただし、格安レンタカー会社が格安なのにはそれなりの理由があります。大手レンタカー会社しか利用したことがない方は、大手とは車両の質やサービスの範囲が違うということをあらかじめ知っておきましょう。

格安レンタカー会社が格安な理由
格安レンタカー会社の営業所は、多くがガソリンスタンドや整備工場に併設されています。これは、フランチャイズ展開によりガソリンスタンドや整備工場の経営者が、副業としてレンタカー会社を営業していることを意味します。ですから、洗車などの整備にかかるコストが抑えられ、給油を自社で行うことでその分の利益が見込めます。そのためレンタル料金を大手より大幅に抑えることが可能なのです。一方、大手のように新車同様の美麗車ばかりがそろっているところはほとんどありません。整備は行き届いていますが、走行距離が10万kmを超えるような年季の入った車も多いということは知っておきましょう。乗りたい車が決まっていて車を運転することそのものを楽しみたいという方にはそれほどおすすめしませんが、特にこだわりがないならば、破格の安さは大きな魅力でしょう。ただし、初めて利用する時にはいくつか注意するポイントがあるので、以下のことを気に留めておいてください。

近距離の利用がおすすめ
前述のとおり、格安レンタカー会社の車は年季の入った車が多いです。年式が古かったり、走行距離がかなりあったりということは覚悟しておきましょう。また、最新の車に比べると燃費性能が劣るものも多いので、あまりの長距離の移動にはガソリン代がかえって高くつくこともあり得ます。古い車だからといってトラブルはめったに起きないとは思いますが、出費を抑えることが目的なら、格安レンタカーは日帰りか1泊2日程度の利用にとどめておいた方がよさそうです。

オプションは割高になることも
格安レンタカー会社の車には、カーナビなどのオプション品が標準装備されていないことが多いです。カーナビを付ける場合、オプション料金として1日1000円程度のレンタル料金が加算されることが多いようで、車のレンタル料金に比べると割高感は否めません。それに、貸し出されるカーナビは小型のものが多いですから、それならスマホのカーナビアプリでも間に合うと思います。節約目的で格安レンタカーを借りるなら、オプション品は付けないことが基本です。

店舗によって質に差がある
格安レンタカーは、先にも述べたようにフランチャイズ制を採っているので、店舗ごとにサービスや対応の質に差があることが予想されます。ギリギリの人数で営業しているところでは、送迎をお願いしても時間通りにいかないことも考えられます。大手レンタカー会社と同じ質を求めるとがっかりすることもあるので、格安レンタカーとはこういうものだと心得て、送迎を利用するときは時間に余裕を持って利用しましょう。

投稿日:

フランチャイズ運営の格安レンタカー会社「ニコニコレンタカー」

2009年に登場したニコニコレンタカーは、格安レンタカーでたちまち大人気になったレンタカー会社です。本社は横浜市にありますが、全国に約1400店、東京だけで百数十もの店舗があるので、いつでもどこでもレンタカーを格安で利用できます。

ニコニコレンタカーが安い理由
ニコニコレンタカーはフランチャイズ制のレンタカー会社で、地域のガソリンスタンドや整備工場などが運営しています。中古車を使うことで初期投資がわずかで済み、さらには洗車などのメンテナンスや駐車場など必要なものはあらかじめそろっているので、一般のレンタカー会社よりさまざまな面でコストが削減できるのです。中古車のレンタルというと品質や安全性が気になりますが、元がガソリンスタンドや整備工場なだけにメンテナンスは常に行き届いているのでまったく問題ありません。

車種と料金
ニコニコレンタカーで借りられる車の種類は、店舗によって用意している車種に違いはありますが、ワゴンRのような軽自動車からハイエースのようなワゴン車まで8種類にクラス分けされています。料金もクラスごとに設定されています。基本料金は6時間、12時間、24時間で設定されており、6時間以内の利用で軽自動車が一般価格2400円で借りられます。ニコレンメイトに登録すれば会員価格の2100円という格安です(ただし、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始のハイシーズンには、すべての基本料金に24時間につき540円の追加料金が発生します)。また、長期でのレンタルも可能で、月曜から金曜までの5日間のウィークデーコースが13500円から、1カ月のマンスリーコースが72000円から利用できます。

ウェブサイトからの予約が可能
多くの人がレンタカーを借りる目的は、観光など自宅から離れた土地で自由に移動することです。そのため、目的地の最寄りの駅や空港のそばでレンタカーを借りられるところを探さなければなりません。その点、ニコニコレンタカーは、ウェブサイトに店舗検索機能があり、目的地の郵便番号、住所、駅名、空港名で最寄りの店舗を検索できて便利です。

万一に備えた補償制度
ニコニコレンタカーには免責補償制度があります。24時間につき1080円の料金で車両と対物保険が付くので、万一の故障や事故でも安心です。

投稿日:

1日中乗ってたったの2700円からのワンズレンタカー

東京近郊で格安レンタカーをお探しの方にはワンズレンタカーがおすすめです。最短で1時間以内の利用から、当日の営業時間内、24時間以内、24時間+当日、48時間以内、1カ月と目的に合わせて格安で車を借りられるレンタカー会社です。

ワンズレンタカーの概要
ワンズレンタカーは千葉県習志野市のワンズネットワークという会社が運営するレンタカー会社で、2006年に中古車レンタカーを始めました。対応エリアは全国約360店舗に加え、現在はグアムにも6店舗がオープンしています。東京都内には50近くの店舗があり、どこから利用する場合でもすぐに借りられて便利です。店舗ごとにサービスに特徴があり、自転車やバイクを預かってくれる店舗や、ウェブで予約すると割引してくれるサービスがある店舗、レンタカーにはめったにない車種を用意している店舗など、地域に密着した店舗が多いです。

安さの秘密
ワンズレンタカーの運営元であるワンズネットワークは、千葉県を中心にフランチャイズで中古車販売のガリバーを運営しています。この経験を活かし、地域のお客様にメリットの大きな中古車レンタカーを始めました。レンタカー会社の立ち上げで最もコストがかかるのが車の購入費ですが、中古車を利用することによって初期投資を大幅に抑えることに成功しています。そのおかげで、車種のバリエーションやオプション品は他の格安レンタカー会社に劣らないままに、料金を極限まで下げることができたのです。

ワンズレンタカーの料金
ワンズレンタカーでは、大手のレンタカー会社とは比較にならないほどの安い料金を実現しています。事前予約なら軽自動車の基本料金が、1時間以内の利用で1080円、当日中の返却なら2700円、24時間でも3240円という安さです。この安さなら、日帰り旅行の場合、公共交通機関を利用するよりよほどお得でしょう。ゴールデンウィーク、夏季、年末年始には、ハイシーズン料金として基本料金に24時間ごと540円が加算されますが(東京での利用)、それでも移動にかかる時間と費用を考えると、利用する価値は大いにあるレンタカーと言えるでしょう

投稿日:

1時間以内の利用がお得な格安レンタカー会社

東京でレンタカーを借りたいという方のなかには、1日中車に乗るわけではなく「ほんの2~3時間でいい」という方も多いようです。地方へ何泊かする旅行の場合、現地でレンタカーを1日借り切って観光するというやり方がふつうですが、都内の場合、ちょっとしたお出かけや営業車代わりにレンタカーを利用するという方もいらっしゃいます。そういう方にとっては、基本が6時間以内の利用というレンタカー会社では、いくら相場より安くてもコストパフォーマンス的には決して良いとは言えないでしょう。そういう意見を汲んでか、最近では短時間単位でレンタルできる格安レンタカー会社が増えてきました。1時間以内に返却すれば1000円以下の料金で済むというところもあり、これから需要が伸びていきそうです。そこで、短時間利用の格安レンタカー会社のなかから、東京での利用に便利な代表的な2社を紹介します。

10分100円という超格安レンタカー
10分の利用につき100円というレンタカー業界にはなかった発想で、人気を集めているのがその名も「100円レンタカー」というレンタカー会社です。10分単位の料金なので、ちょっとした買い物や用事などで気軽に利用でき、タクシー代の節約にもなります。安さの秘密は中古車を使っているからですが、安さにこだわる方には車の見た目にこだわる方は少なく、たいへんな人気を集めています。その人気が逆にデメリットなぐらいで、土日や祝日などレジャーの期間は予約でいっぱいでなかなか借りられないということもあるようです。全国に店舗を展開し、都内には28店舗を構える100円レンタカーは、これからのレンタカー業界に旋風を巻き起こすでしょう。

1時間980円からのアルルレンタカー
アルルレンタカーも、100円レンタカーと同様、短時間利用に適した格安レンタカー会社です。車種によって料金は変わりますが、ヴィッツやキューブなど安いクラスの車なら1時間980円という破格の値段です。こちらも中古車を使っており、自動車販売店や整備工場とつながりがあることで、コストを抑えることに成功しています。ネットからなら24時間いつでも予約できます。営業時間が18時30分までと短い店舗もありますが、ちょっとしたお出かけの際には便利です。

投稿日:

大手レンタカー会社と格安レンタカー会社との違い

大手をはじめ一般のレンタカー会社では、24時間で6000~7000円が料金の相場ですが、格安レンタカー会社では24時間でも3000~4000円台です。つまり、大手のレンタカー会社のおよそ半額程度で借りられるのが格安レンタカー会社ということになりますが、では、なぜこれほどまで値段が違うのでしょうか。

サービスの違い
大手のレンタカー会社の車の多くは、今ではカーナビやETCといったオプション品が標準装備されているものが増えています。格安レンタカー会社では、さすがに全車にカーナビやETCが装備されていることは少なく、この辺に値段の違いの秘密がありそうです。しかし、格安レンタカー会社でも、カーナビやETCが装備されていない車でもオプション品として借りることができますし、チャイルドシートやスタッドレスタイヤも必要に応じて借りられるところがほとんどです。また、予約に関してですが、大手であれ格安であれ、今はほとんどのところがネット予約に対応しています。つまり、サービス面ではそれほど大きな差はないようです。

補償内容の違い
事故の補償もすべてのレンタカー会社が対応しています。対人・対物・人身傷害・車両補償の4つの保険にはほとんどのレンタカー会社が加入しています。万一の事故でも、対応してくれるのは保険会社ですから、大手と格安で事故対応に違いがあるわけではありません。

車両本体の違い
結局、大手と格安の値段の差は、使用する車の違いということに帰するようです。大手は新車を購入してレンタカーとして使用しますが、格安レンタカー会社ではほぼ中古車です。年式が古く走行距離がかなりある車もあり、こうした中古車を使用することで、初期投資を抑えられていることが安さの秘密のようです。しかし、中古車だからといって、グレードの低い大衆車ばかりではありませんし、整備や清掃は行き届いています。なかには、クラウンやロードスターのような高級車に分類される車をそろえる格安レンタカー会社もあります。一方、大手のなかにも中古車を一部使用しているところもあるので、心配するほど車の質に差はないと考えられます。したがって、特に車にこだわりがあるわけでないなら、東京近郊などちょっとしたお出かけには格安レンタカーをおすすめします。